外傷

膝蓋腱炎「ジャンパー膝」

※膝蓋腱が負担の蓄積などによって損傷し、炎症を起こす。
膝蓋腱炎は、膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害の一つで、 靭帯や腱が骨に停止するところでは、筋肉のはたらきによるストレスが集中しやすく、 10~20歳くらいの年齢によく見られ、特に骨の成長が一段落する高校生以降の男子、に多く見られます。 これは、成長期において骨の成長に筋肉の成長が追いつかず、筋肉は硬く、腱も伸ばされた状態になり、 膝の柔軟性が落ちて衝撃の吸収力が低下するためです。 このように膝が強い力で引っぱられたり伸ばされることが繰り返されると、 膝蓋腱に小さな断裂などの損傷ができ、炎症を起こします。
「原因」
筋力不足、筋力のアンバランス、骨の成長と筋の伸びとのアンバランス、 身体の柔軟性不足、アライメント不良などが挙げられ、練習や環境の問題としては、 オーバートレーニング、選手の体力や技術に合わない練習、不適切な靴、硬すぎたり軟らかすぎる練習場などが挙げられます。

オスグッド.シュレッター症

思春期の男児に多くみられる膝下の痛みで、スポーツをしているお子さんに多い症状です。 成長痛とか、スポーツ障害と呼ばれることもありますが成長期の骨の柔らかい時期に、 激しい運動をすることで膝の付近の筋肉の 付着部分が引っ張られ、 膝下の骨が隆起したり、剥がれてしまったりすることによって炎症がおこります。

シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

シンスプリントとは、運動時や運動後に下腿の内側に慢性的な痛みが起こるもの言います。 シンスプリントは痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまい、 疲労骨折と診断されて長い間運動を中止せざるおえないこともあります。 また時間がたつと非常に治りが悪くなり、早期に治療を始めなければなりません。 シンスプリントの痛みを引き起こしている原因は「筋肉」にある。 しかし、痛める部位は筋肉ではなく、骨と筋肉がくっついている「骨膜(骨をおおっている膜)」が炎症して痛くなる症状です。 そのため、筋肉がついている骨膜のラインに沿って痛みが起こります。 これらは安静にしていても原因を解決しない限り同じケガをまた繰り返し起こします。早期回復・ケガの再発予防を当院にお任せ下さい。

※部活などの学校内でのスポーツ外傷の場合
学校内でのケガは、日本体育・学校健康センターの『災害共済給付金』や、市の『学童災害見舞金』の請求が出来ます。また、AIU保険・県民共済・三井住友などの傷害保険も請求が出来ますのでご相談下さい。

クラブや少年団・地域スポーツでのケガについて
クラブや少年団・地域スポーツでのケガの場合、個人で加入している傷害保険のほかに、その所属団体で『団体スポーツ保険』に加入している場合が多いので、こちらもご相談下さい。
ご不明な点は当院(電話または受付窓口)へお気軽にお尋ね下さい。
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com